ぶたごやへかえるぶたごやへかえる            童謡


●童謡「ぞうさんだっこ」CD発売になりました。一番だけ試聴できますが、三番がオチになってますので、CDで聞きましょう。(2011/7/25)

●学研のピコロ12月号に「ぞうさんだっこ」(作曲中川ひろたか)がのりました。ほんわかしたいい歌になりました。(2010/10/27)


●童謡協会の年刊童謡詩集「こどものうた2009」に「かぜさん」という詩をのせましたが、発表はおあずけ。(2009/3)

★童謡詩を書いても、曲がついても、なかなかその後発展がありません。
一読して「おおっ」というような、力のある詩を書かなければとおもっていますが・・
(2012/10)
たぬきしっぽのうさぎさんdoyo-cd歌入り矢玉童謡矢玉四郎詩集25曲
いい詩ができても、歌の詩がわかる人は少数です。やはり歌は歌として聞いてもらわなければと、プロモーション用のCDをマックのガレージバンドで作りましたが、お蔵にいれます。持っている人、お宝になりますので仏壇にでも保管して大事にして下さい。十数枚しかありません。(2010/3)
「てんこもりの25曲。40年に一度の新作童謡発表。なかにし礼塾時代の大人の歌「砂糖菓子の夏」「たったひとりの夏祭り」もいれました。(2008/10/5)


●童謡協会主催の第31回 童謡祭・新作展2008年9月20日東京渋谷のこまばエミナースでありました。
「あおむし」作曲・若松正司さん 西山琴恵さん歌でキャベツ畑のあおむしさんをみごとに表現していただきました。
作詞者としての童謡協会初デビューは大成功。数人の方にCDを手渡しできました。歌手の方との飲み会まで参加してしまいました。
童謡協会の年刊詩集「こどものうた2008」から生まれた歌です。(2008/8/21)

●マックのガレージバンドで新作童謡を音にしてみました。歌も吹き込みましたが、これが傑作です。三重唱の楽しい歌になりました。昔は下手なギターでテープレコーダーに吹き込んで、恥ずかしい作になっていたのですが、この技術の進歩は、革新的。いい詩ができたらどんどん作っていきたい。(2008/9/9)

●チャイルドブック ゴールドの平成20年9月号に、新作童謡「たぬきしっぽのうさぎさん」がのりました。作詩、作曲、絵とすべて一人でやりました。小さい子でも歌えるような簡単なリズムとメロディーにしました。でも元気のでるいい曲になりました。楽譜つきです。(2008/8/30)
●新作童謡「あおむし」童謡協会の年刊詩集「こどものうた2008」から生まれた歌です。(2008/8/30)
●童謡協会の「年刊童謡詩集こどものうた2007」童謡協会編)に『ぴかりこりん』『たぬきしっぽのうさぎさん』二編が掲載されています。
童謡協会に入会(2006/11/19)結局「あおむし」だけ歌になりましたが、あまり成果なし、金がかかるので退会(2010/4)